肌荒れに漢方!

お肌の悩み

肌荒れに悩ませられたことのある女性の方も、多くいらっしゃるのではないでしょうか?

近年では、男性の方用のエステがあったり、男女問わずお肌に関して敏感な方が多くいらっしゃるようです。

ついつい食べ過ぎたりお酒をのみすぎたり、冬になると急に肌荒れがおこったり、原因はひとそれぞれです。

しかし、こんな肌荒れにも効果を発揮するのが「漢方」です。

今回、肌荒れに関して特に「ニキビ」と「乾燥肌」を取り上げます。

漢方には様々な種類があり、それぞれの症状にあった漢方を使用することで、効果が十分に発揮されます。

ただ、「ニキビ」と「乾燥肌」に効果を発揮する漢方薬は、それぞれたくさんの種類のものがありますが、1つだけ共通した漢方薬があります。

それは「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」です。

ニキビと乾燥肌も肌荒れの悩みが違うのにもかかわらず、なぜ同じ漢方薬が効果を発揮するのでしょうか?

その理由は、漢方薬の「根本治療を目指す」という漢方薬ならではの考え方にあります。

実はニキビと乾燥肌というのは根本的な原因が同じであるのです。

例えば、体の冷えであったりホルモンバランスが崩れていたりすることです。

「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」は、結構をよくし体を温めてくれるため、に期ににも乾燥肌にも効果を発揮することができるのです。