漢方は自立神経も整える?薄毛治療にも効果のある漢方について

漢方コラム

男性の方で、年を取ってくると悩まれることが多い薄毛。
なかなか薄毛で病院に行こうと思うことも少ないのではないでしょうか?
実は、そんな薄毛は漢方で改善できることをご存じでしょうか?
今回は、薄毛治療にも効く漢方について原因別にご紹介していきます。

~原因別の薄毛対策~
〇血液不足が原因の場合
漢方医学では、薄毛の原因として血液の流れが悪く、あまり地肌まで届いていないという事が考えられています。
そのため血液を補給できる当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)や十全大補湯(ジュウゼンタイトホウ)がおすすめです。

〇頭皮に活力が足りない場合
この場合ストレスをため込みすぎてしまい、頭皮の力が弱まってしまっていることが原因です。
自律神経を整える柴胡加竜骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ)が良いでしょう。

〇ホルモンバランスが乱れてしまう場合
ホルモンバランスを整える効果のある八味地黄丸(ハチミジオウガン)、補中益気湯(ホチュウエッキトウ)が良いでしょう。

薄毛治療に使う薬はなんでも良い訳ではありません。
薄毛は人それぞれタイプが異なります。
漢方は体質に合わせてその人に合ったものを選ぶことができますので、薄毛治療にはもってこいだといえます。
自分に合う漢方を見つけて薄毛を解消していきましょう。