飲酒と上手につきあう、健康を保つための利用法

漢方コラム

「健康は維持したいけどお酒が好きでやめられない…」
こんな悩みをお持ちの方は、いらっしゃいませんか?
健康と飲酒をどうやって両立すればいいのか。

今回は健康を維持するための、上手な飲酒の利用法についてご紹介していきます。

 

○上手な飲酒の利用法

・適量を守る
お酒には人によって、適量とされている基準があります。
平均純アルコールにして、約一日20gが健康的にお酒を毎日嗜むのに適した量だといわれています。
高齢者の方や、お酒に弱い方はこれよりも多少、少ない数値で見積もった方がいいでしょう。

・休刊日を作る
適量が20gとはいえ、毎日飲んでいたら肝臓に負担がかかり体を壊しかねません。
最低でも週に2日は、休刊日を作ると健康的にお酒を楽しめます。

・食事と一緒に楽しむ
空腹の状態で飲酒を行うと、胃が荒れやすく、また酔いが回りやすくなります。
飲酒時には一緒に食事をとることがこれらを防ぐことになります。
おすすめはチーズです。チーズはその脂肪分によって、胃の粘膜を保護し、アルコールの吸収を遅らせることかがあります。

 

以上が、健康を保つための飲酒の利用法になります。
飲酒自体は、緊張をほぐす効果があり、心身の健康を保つためには有効な手段です。

しかし、大量の飲酒や毎日の飲酒は健康を害す要因になりかねません。
適量を守り、健康的に飲酒を利用することをお勧めします。