漢方は本当に安全?健康過ごしたいあなたに漢方のプロが解説します。

漢方コラム

植物や動物、鉱物など、天然の素材を複数組み合わせて作られてきた漢方薬。

天然の素材が多く使用されているため、一見、副作などはないように思われますが実は使い方を間違えると死者が出た事例もあるほど、副作用には気をつけなければなりません。

 

もちろん、適正に使えば大きなメリットがありその効果は漢方の歴史を見るとはっきりとわかるでしょう。

そして、今回はしっかりと漢方薬の正しい知識を知っていただくために、漢方を専門に取り扱う喜明堂が漢方について懸念されている問題点についてお答えします。

 

まず、日本で処方されている漢方薬について先日、取り上げられた大きな問題点。

それは、本来は中国のように1人1人の患者に対して生薬を「さじ加減」したオーダーメードの漢方薬を作るべきなのに、漢方に詳しくなく、漢方薬に使われる生薬の働きや副作用について理解しないまま処方している医師がそこらじゅうに存在しているというものです。

 

しかし、漢方薬は本当に”危険”なのでしょうか?

もちろん、適正に使えば患者に大きなメリットはたくさんあります。
そのため、漢方薬の正しい知識を知り効果的な服用をしていただければと、株式会社喜明堂はお客様の健康を願っております。