生活習慣病を甘く見ないで!生活習慣病の改善策をご紹介!

漢方コラム

皆さん、生活習慣病という言葉にどれほど馴染みがありますか。
具体的にどんな病気で何が問題なのか想像しにくいかと思います。
ですが、生活習慣病を放っておくと思わぬ深刻な病気に繋がりかねません。
そこで今回は、あまり知られていない生活習慣病の恐ろしさについて、改善策と共にご説明します。

 

□生活習慣病とは

生活習慣病とは、日常生活で引き起こされる疾患の総称です。
特定の病気を指すものではなく、高血圧、脳卒中、肥満、糖尿病、心筋梗塞、歯周病などが主な疾患です。
これらは、初期症状がほぼなく、本人も気付かないうちに病気が進行するため、静かな疾患と呼ばれます。

生活習慣病が進行すると、痴呆、失明、寝たきりなどの症状に苦しむ場合があります。
気づいた時には病状がかなり進行しており、命の危険に及ぶ可能性もあるのです。

 

□生活習慣病の改善策

突然の重病に苛まれないために、日頃から健康的な生活を心がけることで生活習慣病を未然に防ぎましょう。
生活習慣病は、食事や運動や睡眠などの基本的な養生で改善できます。
野菜とタンパク質を意識したバランスの良い食事、毎日30分の軽い散歩やストレッチなど、規則正しい生活を送りましょう。

また、養生だけでは整えきれないバランスの乱れを直すために、漢方薬を生活に取り入れることも可能です。

 

□まとめ

今回は、生活習慣病についてお伝えしました。
気付かぬうちに深刻な病気に繋がる生活習慣病は、日々の健康を意識することで対策ができます。
今一度、ご自身の食事や運動習慣を見直してみてはいかがでしょうか。