健康に夏を乗り切りたい!夏バテに聞く漢方とは

漢方コラム

古くから天然の素材を組み合わせて作られ、薬として親しまれてきた漢方薬。
実は、薬としてだけではなく、そのほかにもたくさんの効果を持っているのです。

今回は、そんなたくさんある漢方薬の効能の中でも夏バテに注目してご紹介したいと思います。

 

まず、夏バテの代表的な症状にはどのようなものがあるでしょうか?

・体のだるおも感 / 全身の倦怠感
・やる気を出そうと思ってもなかなか出せない
・食欲がなくなる
・下痢や便秘
・イライラしてしまう
・体の熱っぽさや、のぼせることが多くなる
・めまい / 立ちくらみ
・頭痛がひどい
・むくみが辛い
・寒暖差からくる冷えを感じることがよくある

など、たくさんの症状があります。

 

日本の夏は、高温多湿。
それに加えてクーラーの部屋に入ることも多く、最適な温度環境で過ごすことが難しいです。

そんな夏バテですが、漢方の世界では夏バテは、胃腸の弱りが原因と捉えられており
中でも

・補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
・人参養栄湯(にんじんようえいとう)
・六君子湯(りっくんしとう)
・五苓散(ごれいさん)

といった漢方薬は胃腸の弱りを改善してくれます。

 

夏バテにも効果的な漢方薬。
使用量や方法に気をつけてぜひ夏バテの改善にも役立てて見てください。