漢方薬とはなにか

漢方コラム

東洋医学は、その病の原因を追究し根本的な所から改善していく治療法です。
歴史が古く、用いられる薬すなわち漢方薬も、植物由来で自然なものなので、身体への負担や副作用も少なく安心です。

 
また種類も非常に多く多彩なので、同じ症状を呈する別々の患者に対し、最適な薬を使い分けられるという点で、非常に優れています。
つまりその人に合う漢方薬を選ぶことで最適な治療が可能である、ということです。
これは長い歴史によって培われた豊富な知見によるところが大きいのです。

 

 

西洋医学および西洋医学で用いられる薬が、症状を抑えることを主眼とするのに対し、東洋医学および漢方薬は症状に働きかけるのでなく治癒力を高めることで健康の促進が可能であるという点で、西洋医学とは考え方が根本的に異なります。

 

 

今日の日本における、例えば肥満という近代以前には少なかった病気に対しても、皮下脂肪や内臓脂肪を効果的に少しずつ落としていく作用を持つ薬すらも存在します。
そしてそれが短期的な目的というより体質改善に導くために長期間服用する目的でも安心なのです。